奮い立て若きエンジニア!!

製造・開発現場で日々ものづくりに身を挺してがんばっている若きエンジニアを応援するブログです。閉塞感が漂う今の日本ですが、今こそ若きエンジニアが立ち上がる時です!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

競争は人間の本能?

 お久しぶりですね。お盆は青森の実家に帰っていましたが、やっぱり北東北は涼しかったですよ!!

 今日は競争の話をしてみたいと思います。僕のブログは自分自身の主観で書いていますので、違う意見ももちろん大歓迎です。
 さて、今年の4月から3歳になった息子が幼稚園に通っていますが、ある男の子とよくけんかをしているようです。自分より少し大きい子らしいですが、二人ともライバル心が強いらしく、近くによると小競り合いになり、先生が割って入るという話しを聞きました。
 たかが3歳の子、ですが立派に自分を主張しているのです。特に誰かが教えたわけでもなく、競い合うのはまさに人間の本能?と考えてしまいました。
 思えば社会に出れば厳しい競争にさらされることは必然で、誰かが勝って誰かが負けるということを繰り返しながらお金を稼いでいかなければなりません。逆に競争がない社会にいると人間は競争を作り出してしまうのではないでしょうか?
 ゆとり教育と題して競争を取り去ると、学習塾でお受験が盛んになったり、悲惨な戦争を体験した方々が平和を願い、平和になってみると若者の変質的な行動が問題になったり、どこか人間は競争をしていないと安心できないような気がします。
 競争ということはすなわち、戦いですよね。何かと戦っている状態が人間を正常に保つものだとすると、今の世の中のことは、無理に競争を作り出そうとしていると理解できるのではないでしょうか?
 少々大きな話に飛んでしまいましたが、競争や戦いは自分の目標を実現するための必然と考えることも出来ますね。ある目標を実現するためには必ずといっていいほど壁が立ちはだかり、それを乗り越えること=競争や戦い、とつながり、目標を実現しようと努力しているその状態が人間として普通に生活できる、そう思います。
 
 まず、実現したい目標を持ち続けること、それを実現するために競争や戦いに挑み続けることが実は普通の生活、と呼ばれるものなのではないでしょうか?

 だから僕は、競争することや戦いを挑むことに常に積極的でいたいです。

 皆さんは、何か、競争しているものがありますか?
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:7 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

ケニチ_

Author:ケニチ_
アナログマンケニチです。アナログ半導体設計の仕事をしてきて早8年。若きエンジニアの皆さんの手助けになればと思い、ブログ立ち上げました。
僕の性癖はエレキギターの歪みとブルースです。最近真空管アンプを歪ませて気持ちよくなっております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。