奮い立て若きエンジニア!!

製造・開発現場で日々ものづくりに身を挺してがんばっている若きエンジニアを応援するブログです。閉塞感が漂う今の日本ですが、今こそ若きエンジニアが立ち上がる時です!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

熱いエンジニア

一時期、NHKのプロジェクトXを毎週見てまして、仕事に情熱を傾けて成功してきた話を聞きながら(飾っている部分もあると思いますが)、この人たちは何でこんなに熱い思いで仕事が出来るんだろう?とすごく不思議に思ってみていました。

この社会に、仕事ってエンジニアに限らずいろんなものがあって、それが自由に選べるはずなのに、なぜこの人はこの道を選びなぜそこまで真剣になれるのか(例えば体を壊すまでやり続ける等)本当に理解できませんでした。

僕自身、31年間の人生の中で自分の精一杯の力を振り絞り、本気を出して生きてこなくても、何とかやってこれましたし、本当に行き詰った時は、"まあ、なんとかなるさ~"と開き直ることで別に生死にかかわったことはありません。

そういう平和な社会の中で挫折もなくすくすくと育った若い世代からすると、泥臭い地道な努力で一つのことに一心不乱に打ち込む姿は、ある意味新鮮でした。

しかし、部下を持って仕事を与えるようになってから、少し感覚が変わってきたように思います。自分が与えた仕事或いはお客様からお願いされた仕事に対し、部下はまじめに何とか達成しようとがんばるのです。半分強制的な力が働いていますが、部下が夜遅くまでがんばっているのに、僕はこんなんでいいんだろうか?僕が出来ることが何かあるのではないか?よっしゃ、部下以上にがんばろう!!と思えるようになりました。

熱い思いが掻き立てられる理由は、人それぞれだと思います。それでいいと思いますし、強制するつもりもありません。僕は部下に触発されて、本気になることが出来ますし、いろいろでいいと思います。

問題がおきて部下が解決できずに困っている時など、僕自身がいつでも切り込み隊長でいけるぞ!!という意味で、次のようによく言います。

"よし!!ちょっと本気だそうか!!"

いつでも切り込み隊長いく覚悟で、仕事してますか?
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |
コメント
いいですね。「よし、ちょっと本気だそうか」

僕もこれからちょっと気合いれてするぞって時は、
「そろそろ真面目に仕事しようか」って言います。
あるいは、上司にそういう仕事を言われた時は、
「え、そんなん、真面目にやらんと出来ないですやん」って昔はよくいってました。

でも、確かに部下に影響も受けますし、また、
部下に影響を与える、そういう互いにいい関係で
仕事が出来れば最高だと思います。




2007/07/14(土) 00:24:19 | URL | MasaRi #-[ 編集]
MasaRiさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。
気合入れは、必要ですよね。自分に対しても部下に対しても。そして、気合入れの責任が発生するから、やらなければならなくなります。

前向きに仕事を進めることが、過剰なストレスを生まないやり方の一つだと思います。
2007/07/14(土) 23:29:03 | URL | ケニチ #-[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

ケニチ_

Author:ケニチ_
アナログマンケニチです。アナログ半導体設計の仕事をしてきて早8年。若きエンジニアの皆さんの手助けになればと思い、ブログ立ち上げました。
僕の性癖はエレキギターの歪みとブルースです。最近真空管アンプを歪ませて気持ちよくなっております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。