奮い立て若きエンジニア!!

製造・開発現場で日々ものづくりに身を挺してがんばっている若きエンジニアを応援するブログです。閉塞感が漂う今の日本ですが、今こそ若きエンジニアが立ち上がる時です!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

失敗を恐れるエンジニア

 さて、本題に入っていこうと思いますが、何を書こうか迷った挙句、今回は上のテーマについて考えてみたいと思います。

 まず、僕の性癖かもしれませんが、うまくいかないのが好きです。と言うか、好きという表現が間違っているかもしれませんが、なにぃ~こんにゃろー絶対何とかしてやる!!と思ってしまいます。
 こういう性格は、本来エンジニアに向かないのかもしれませんね。自分の設計したICが思ったように動作しないと、うんうんそう来るか・・・と解析にどっぷりつかってしまいます。自分で招いて、自分で解決しようとするのですから、手がつけられない馬鹿さ加減に自分であきれることもありますが・・・

一体人間の一生の内で、何回の失敗があるのでしょうか?小さなものを含めると、おそらく数え切れないほど失敗をしていると思います。他人に迷惑をかけるものは気をつけますが、自分のちょっとした失敗などは気にもしませんので、それは膨大な量になることでしょう。

前置きが長くなってしまいましたが、要するに失敗を恐れるな!!と言いたいだけです。人間生きている限り失敗します。僕は最近この感覚が麻痺?してきているみたいで、失敗を失敗と感じず、ありがとう!!と感謝の気持ちがわいてきたりします。仕事で給料をもらいながら、しかも失敗できる環境にいること自体が幸せだと思うからです。(その後のリカバリーで自分のケツを拭かなければなりませんが・・・)

二つほど例を・・・

1.私は、量産実績のあるICしか使いたくありません!!

私がセットメーカーさんに伺うと、たいていこうおっしゃられます。確かに、自分が出来るだけ失敗しないように、自分の仕事が出来るだけ増えないように、自分が悪者にならないように立ち回るのもエンジニアとして選択肢の一つだと思います。
だけど、リスクを取らずしてIC変えたって、あなたずっと二番手以降ですよ。リスクを取って開発した人がいるはずですもの。あなたが世界に打って出るエンジニアならば、100万人の反対押し切っても自分のICを作るべきです。一番手の人がハイリターンでガッポリなのは間違いないですから。(もちろんハイリスクですが)

2.僕の責任じゃないですよ!!

いや、いいと思います。はっきり言って全部の問題を抱え込んだらストレスで、過労でつぶれます。ですが、もし部下の第一声がこれだったら、次から重要な仕事を頼むことはないですね。問題を起こすことが問題ではなく、問題を解決しようとしないのが問題・・・誰かの言葉をパチッてしまいました。
物事を解決していく過程にこそエンジニアの醍醐味があるように思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

失敗できる環境こそ幸運!!と思って日々仕事に打ち込みたいですね!!
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |
コメント
僕が思うに
「僕の責任じゃないですよ」について

⇒ホントよく聞く言葉ですね。
でもこれを聞くたびにホント頭にきます。

例えば、ある機種が自分の所に回ってきて自分がその機種をしなければならないとします。でも、よく聞くことばは、「○○さんが作った機種だから僕は分かりません、僕の責任ではないです。」、DRとかしていてもよく耳にします。それを平気で言ってしまう人がいるからたちが悪い。

でもそれって違いますよね。もし自分が作ったものでなくても、自分に回ってきた機種は、自分で勉強したり調べたり、作った人に色々聞いて、自分のものにしなければいけませんよね。自分が責任を持ってそれをすべきですよね。

部下の失敗は上司の責任と同じ意味合いですよね?。それでないと会社は成り立ちません。

その延長で実際に自分が機種を作る時でも、

失敗したくない⇒既存の回路を使う⇒あまり検証しない⇒もともと作った人の責任にする。

この図式が出来ている気がします。というか、そういう人たちは自分がエンジニアであるという認識がなかったり、技術に興味がなかったりするのではないでしょうか?それはエンジニアではなく単に作業者です。

僕が思うにエンジニアとは

人の出来ないことをしたい、つまり、自分らしさを表現したい(人より勉強する必要がある)⇒独自のアイデアで勝負したい(ひたすら考える)⇒独自の回路(切り口)を考えたい(うまくいかないことだらけだけどやりぬく)⇒でもそれが正しいか徹底的に検証する(徹底的に調べつくす)⇒自分で責任を負う⇒成功する(成長する)!!

つまり、ある意味エンジニア=芸術家ではないでしょうか?
みなさんのご意見もお聞きしたいです。
2007/06/30(土) 00:31:44 | URL | MasaRi #-[ 編集]
コメントありがとうございます!!
MasaRi様

こんばんわ。ケニチです。
コメントありがとうございます。エンジニア=芸術家とは、なかなか渋いと思います。そう言われれば、開発者という方々には個性的な方が多いですね。

それでは。気が向いたら渋いコメントまたよろしくお願いします。
2007/07/01(日) 23:02:24 | URL | ケニチ #-[ 編集]
失敗
失敗と考えずに、助走だと思うことですね。
2007/07/04(水) 00:44:19 | URL | bluebell #84WyVsgg[ 編集]
bluebellさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。
僕は助走ばかりですよ。ほんまにいつ飛びたてるのか・・・って感じです。
またよろしくお願いいたします。
2007/07/04(水) 22:04:44 | URL | ケニチ #-[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

ケニチ_

Author:ケニチ_
アナログマンケニチです。アナログ半導体設計の仕事をしてきて早8年。若きエンジニアの皆さんの手助けになればと思い、ブログ立ち上げました。
僕の性癖はエレキギターの歪みとブルースです。最近真空管アンプを歪ませて気持ちよくなっております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。