奮い立て若きエンジニア!!

製造・開発現場で日々ものづくりに身を挺してがんばっている若きエンジニアを応援するブログです。閉塞感が漂う今の日本ですが、今こそ若きエンジニアが立ち上がる時です!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

エンジニアが求めるもの

この世の中に、あまたの仕事がありますが、皆さんはどうしてエンジニアを選んだのでしょうか?

僕も当然のごとくエンジニアになりたい!!と言う確固たる決意を持ってこの道を選んだのではありません。ただ、高専/大学と電気系の講義を受けてきたので、どうせ始めるならば少しでもかじったことがあるものをと思ったまでです。
しかし、今ではエンジニアを目指してよかったと思います。と言うか、世の中の大概の仕事が実はエンジニアリングであったりするんです。そして、僕らの生きている世界自体がアナログだったりするんです。
エンジニアの定義を僕は的確にすることは出来ませんが、職人と呼ばれる仕事は全てエンジニアリングな仕事と考えて問題ないと思います。コックさんは料理の職人。食材に精通し、料理法に精通し、全てアナログ的な感覚で、料理(モノ)を作っていきます。
肉屋さんも、床屋さんも、大工さんもみな高品質で付加価値の高いものを生み出していくと言う点で、一緒ではないでしょうか?

そして、そのエンジニアを目指した若者が一体何を求めて仕事をするか?と言うことについて考えてみたいと思います。

まずは、当然ですがお金。ですが、一攫千金を狙ってエンジニアを志す人はあまりいないと思います。お金儲けを第一優先するならば、もっと違った商売(仕事)があると思いますし、やはり豊かな生活、充実した生活を送るための自分の働きに見合った給料と言うところが満足の行くところではないでしょうか?

次には技術が来るかなと思います。最先端の技術や、そこでしか学べない技術と言うものがあって将来に向けてレベルアップを求めるものです。また、自分で仕事を進められるようになってくると、あれもこれもやったみたいといった欲求が出てくると思いますし、ある程度極めてくると、あの技術についてはあいつに聞くのが一番だ、と言った自分のポジションも確立できてくると思います。

でも、僕が一番にこれ!!と思うのは、達成感です。達成感なしで仕事を続けると言うのは結構不可能に近いのではないでしょうか?なので、重要になってくるのは目標となります。目標なしで達成感はありません。今の自分の仕事の目標は何なのか?それはどうやったら達成できるのか?を常に意識しながら仕事を進めると、やりがいも生まれると思います。

僕は、毎日よっしゃー!!ようやったー!!と心の中で叫びながら日々アドレナリンを放出しております。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

ケニチ_

Author:ケニチ_
アナログマンケニチです。アナログ半導体設計の仕事をしてきて早8年。若きエンジニアの皆さんの手助けになればと思い、ブログ立ち上げました。
僕の性癖はエレキギターの歪みとブルースです。最近真空管アンプを歪ませて気持ちよくなっております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。